« 虎の巻 | トップページ | 狭いんです »

土地の名は

「4月3日」

春ですね
雲のない青い空が広くて
ホントに気持ち良い日が続きますが

土地の名前は、昔の名残りなんて話もあって
ここは昔、池だったとか、森だったとか
〇〇職人のまちだったとか

そんな中
「神戸」って。。。なんて読む??
有名なのは「こうべ」でしょうか
三重には「かんべ」って読む町があって
岐阜には「ごうど」って読んだり
そして、愛知で発見「かんど」
0403
同じ漢字で読み方が変わるのも不思議ですが
意味は
神の住む地。という事らしいです
近くに大きな神社でもあるんでしょうか・・・

こういう敷地の調べ方も面白いです
みなさんも
自分の敷地の意味、歴史を調べるのも
楽しいですよ

|

« 虎の巻 | トップページ | 狭いんです »

00_意味なく日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地の名は:

« 虎の巻 | トップページ | 狭いんです »