« 苦労ののち | トップページ | こんなの採れました »

結論は

「9月11日」

近くの公園では、セミの声も全く聞こえず
一気に秋めいてきた
気持ち良い風を感じるようになりました

ただ、事務所の裏で解体工事中
窓は開けれず。。。。エアコンをつけてます

週末に、「みえ木造塾」にて
実大実験に参加してきました
今回は、横架材の実験
0911
樹種、乾燥方法の違う
長さ2m70㎝。高さ18㎝の材を大梁と考えて
小梁に見立てた2点に
ジワジワを力を加えていきます

4トンくらいで、ビシッ!バシッ!と音がなり
そして、バチーンの爆発音と共に
材が折れちゃいました
(わかっちゃいるけど、ビックリする音で。。。。)

今回の実験では
材種や乾燥方法もそうですが
節がある・ない・節の位置が
大きく影響する結果にもなり

工場での検査の重要性もありますが
結論。大事な梁は、見せる見せないに関わらず
節のない、化粧梁として、図面を描きましょう!
との事

09111
ちなみに、今回の実験で
一番、面白かったのは
機器を使わず、身体を使ったヤング係数の測り方
みんなで乗って乗って乗って、たわみを出して。。。。って
すごいアナログですが
実感があってよく解ります

|

« 苦労ののち | トップページ | こんなの採れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結論は:

« 苦労ののち | トップページ | こんなの採れました »